【その3】ディズニーに行こうとしたら、パパが二日酔いだった話。

長く間があいてしまいました。

二日酔いで起きれなかったパパを置いて、ディズニーに行った話の続きです。

 

 

とってもとっても長いので、お時間のある時にお読みください。

 

パパから「家を出ます」と連絡が来たのは12時すぎ。

うちから舞浜までは1時間と少し。

レストランの予約の13:30までには間に合いそうです。

 

子連れでディズニーシーといえばマーメードラグーンのトリトンズ・キングダム!

 

1人で座ることができる子供が乗れるアトラクションが揃っています。

少し前にリニューアルされたアリエルのショーも見どころです。

 

ハイハイ期の赤ちゃんも遊べるように、靴を脱いで遊べるマットスペースや、水がぴょんと飛び出る広場もあります。

 

大人は疲れて休みたいけれども、子供はまだまだ元気いっぱいという時に

とっても重宝します。

 

予約まで時間があまりないので、今回はお土産を買いに来ました。

「キス・デ・ガール・ファッション」で友人の出産祝いのベビーグッズをげっとです。

このお店はお菓子やグッズなどの他、赤ちゃん用品やベビー服、子供服などが置いてあり、見ているだけでも楽しいです。

 

さてさてお土産を買っている途中で息子がお昼寝してしまったのでそろそろレストランへ移動です。

 

期待裏切らずという感じです。

もうここまで来たら、おうちでゆっくりして頂いても…。

そうしたら今日の分のチケットが浮くから、後日また息子と改めて…。

とか

息子と二人でホテルに泊まって豪遊してしまおうか(友人案)

など色々と考えてしまいました。

 

そうこうしているうちに、予約の時間です。

息子を起こしていざマゼラン!

息子と二人に変更となった旨を伝えてテーブルセットが終わるのを待ちます。

 

どっしりと落ち着いた店内。中心には大きな大きな地球儀。

素敵な素敵な大人な雰囲気のレストランです。

 

そう、大人な雰囲気。

 

各テーブルにはランチコースを楽しむご夫婦や、甘い雰囲気のカップルが向かい合って談笑しています。

 

今日に限って子連れがいない。気まずい。

 

テーブルに案内してもらうと…

お願いすれば、横並びになるようにセッティングし直してくれたとは思いますが、息子が座る気満々です。

「大丈夫ですか?」とキャストのお姉さん。

この大人な雰囲気の中、駄々をこねさせてはいけないととりあえず見守ることにしました。

お姉さんもにっこり笑って、対面のまま子供用セッティングに変えてくれました。

 

用意された子供用メニューを嬉しそうに見る息子。

パパが来なかった分、予算は浮いています。

私と、息子にもコースメニューです!

 

息子が一人で食べるのは危なかしいので、タイミングをみて席を移動させようと画策していたのですが…

 

周りの雰囲気に呑まれたのか、しっかりとスプーンとフォークを使いこなす息子。

多少こぼしましたが、さっと拭き取れる範囲です。

 

優雅に息子とランチを楽しめるなんて幸せです。

 

キャストさんや周りのお客さんに迷惑をかけることなく食事を終えることができました。

キャストのお姉さんに「上手にごはんが食べれたね」とシェフミッキーのシールをもらって息子もにこにこです。

 

食事を終える少し前、

パパから連絡が来ていました。

 

食後の運動にとメディテレーニアンハーバーの火山前にある広場で遊びます。

ここも子連れディズニーのおすすめスポットです。

海賊船があったり、貨物に見立てた遊具があったり、わくわくする仕掛けが沢山!

床がふわふわしているので歩き始めのお子さんも安全です。

 

ジャックスパロウが遊びに来てくれることもあります。

 

遊んでいるとようやく

ようやく ようやく ぱぱが到着です。

 

今日はパパの誕生日ですので、怒ったりしませんよ。

少しトーンダウンしてしまいましたが、「待ってたよ」といつも通り迎えることができました。

息子は

登ったり下りたり、くぐったり、楽しくて仕方ない様子です。

 

でもやっぱり、少しモヤっとしたので

お誕生日の人を無下にしてはいけないということですね。

 

 

ビッグバンドビートについては、語り出したら止まらないので割愛です。

 

見たことない方がいらっしゃったら、ぜひ!ぜひ見て下さい!!!

 

(ショーの抽選は抽選機でも専用のアプリでもできるのです。待ち時間にぜひ!)

 

その後はいよいよミッキーとご対面です。

 

パパも息子の笑顔のためなら喜んで待ちます。

 

 

(誤字です。〇「撮り」「シンドバッド」  ×「取り」「シンドバット」)

息子は大好きなミッキーに抱きつき、ちゅうもしてもらい、にっこにこでした。

 

ミッキーは本当に素敵でした。

相変わらずの世界の恋人っぷりです。

 

ミッキーはカッコイイし、シンドバッド(これも座ることができる小さなお子様におすすめのアトラクションです)ものんびりとして楽しいしイイ声だし私も大満足でした。

 

モヤっとした部分もありましたが、合流した後は、ルンルンの息子を筆頭に親子三人で楽しむことができました。

 

以上です!!

長々と読んで頂きましてありがとうございました。

 

パパはディズニーは特に好きではありません

ですが結婚前から私が行きたいというと付き合ってくれていました。

ショーもアトラクションも一緒に待ってくれます。

ただ、一緒に行ってもパパから「これがやりたい、あれがやりたい」というリクエストは全くありません。

付き合わせてしまっていることが申し訳なくなり、私から誘う回数はぐっと減っていました。

 

そんな中、今回のパパからのディズニーのお誘いはとても嬉しく、楽しい一日になるといいなとちょっぴり期待していたのですが、こんなことになりました。

普段からパパは寝坊が多いので、起きなければそっとしておいて息子とどこかへ行くことが多いのですが、これからもっと多くなりそうです。

 

が、

 

この件があってから、パパの寝坊は減りました。

ちょっとは反省してくれたみたいです。

 

 

****

誕生日プレゼントは家を出てくる前に、おめでとうのメッセージを添えて目に付くところに置いてきています。

なんだかんだで、パパにはいつも感謝しています。

 

 

 

 

 

 

*****

 

そういえば1月にあった私の誕生日、プレゼントはまだもらっていないなぁ。

 

 

 

 

 

 

更新通知が届きます。以下からアプリ登録をお願いします。