プリスクールでむむーとなった話。

先日プリスクールにまひを迎えに行くと、新しい担任の先生に呼び止められました。

 

わからないならリッスンしようがない。

 

以前、前の担任の先生に理解しておいた方がいい単語があったら教えてくださいと伝えたら、「周りを見たり、ジェスチャーで意味を汲み取っているから大丈夫よー」と言ったもらえたので、油断しておりました。

 

 

その時はそう言って帰って来たのですが、後から思い返して…

 

元々の担任の先生が3週間程前にお辞めになり、新しい先生が着任されました。

英語がわからない子がいるって引き継いでないのかな?

それともそれを踏まえた上で、まひにみんなをまとめる事ができるはずと期待してくださっているのか…。

 

タイミングが良いことに来週面談があるので、そこできちんとまひの状況を話したいと思います。

私がもっとちゃんと英語を話せればさらりと先生とやりとりができるのにと、歯がゆい気持ちで毎日を過ごしています。

挨拶や「これ持ってきました」「昨日は風邪で休んだけど、今日は元気になったよ」などの小さなやりとりでいっぱいいっぱいです( ;∀;)

定型文しか話せない今の状況を脱却せねばです。

 

まひにはリーダーうんぬんは置いといて、「リッスンは聞いてっていう意味だから、リッスンって言われたら先生の目を見て話を聞いてね」と教えました。

数日後、まひ自ら「きょうはリッスンできたよー」と教えてくれました。

なんて言われたの?と聞いたら、「つくえのうえで、おもちゃであそんでっていわれたの」と返ってきました。

一応先生が言っていることを理解しているのでほっとしました。

 

まひも頑張っているので、私も面談を頑張ってきます!