キッズラインでベビーシッターを利用してみました。

一時帰国で日本に到着したとたん、英語を全く話さなくなった息子。

ちょうど良い機会だと英語レッスンも追加することに。

なぜ家から近いシッターさんを選んだかと言うと、交通費はこちら持ちだからです。

予約時に、一時帰国中であること、お昼を挟んでお願いしてしまうので昼食を食べさせてほしいことを伝えました。

 

そして数日前から、息子にはシッターさんとお留守番してほしい旨を伝えてありました。

始めはママと離れることが不安そうでしたが、まひは家にいていいこと、おうちのおもちゃで一緒に遊べること、ままはすぐ戻ってくることを根気よく話すと、気持ちが前向きになったようです。

普段の歯医者さんなら一緒に連れて行き、まひをお腹の上に乗せておくのですが、今回は一年ぶりの歯医者さん。(私は英語が苦手なのでアメリカの歯医者さんへ行く勇気がありませんでした)

矯正のワイヤーの話やら、顎が痛くて口が開かなくなる話やら、どうしてもじっくり先生と話したかったので、まひには遠慮してもらいました。

まひはすぐにシッターさんを気に入り、遊ぼう遊ぼうと積極的に誘っていました。

 

私は歯医者さんで、先生にじっくりと話を聞いてもらい、ワイヤーの代わりにマウスピースを作ってもらうことに。

レントゲンを撮ったり、型取りをしたり、なんやかんやで1時間と少し滞在していました。

 

 

お昼ご飯もしっかり食べさせて下さいました。

おもちゃはほとんどアリゾナにあるので、メモ帳を使って遊んでくれたりと色々工夫をして下ったようです。

 

報告のスクリーンショットをパパに送り、夫婦で読み返してニヤニヤしております。

 

今回のシッター代は

基本料金 3000円(一時間1500円のシッターさんをお願いしました)

オプション料金 500円(英語レッスン  日常会話に英語を混ぜてくださいとお願いしました)

手数料 756円

交通費 390円

計4646円です。

 

毎週だと厳しい金額ですが、どうしてもの時は出せる金額です。

自宅での英語レッスンと考えるとお安い!

(英語の先生に自宅でマンツーマンレッスンお願いすると一時間3000円位かかるようです)